弊社のWP専用レンタルサーバーでも解決できる課題ですが、手元の環境でWordPressサイトを開発した後で、本番サーバーにアップするとき、以外に手間取ることがあると思います。実際にやるべきことは

  • FTPで、テーマやプラグイン、メディアファイルをアップロードする。
  • データベースをコピーする。
  • データベース内のホスト名に関わる箇所を本番環境に書き換える(この時、シリアライズされたデータに注意する)

といった作業が必要になります。deploy(デプロイ)やsync(同期)などで検索すると幾つかプラグインもあるのですた、単純にアップロードするだけを一発で解決してくれるプラグインが作れないものかと考えて作ってみました。

まだベータ版のため不具合がある可能性が有りますので、自己責任でおねがいします。(問題を発見したらフィードバック貰えると嬉しいです)

使い方ですが、

AサーバーからBサーバーへWordPressサイトを公開するとします。

1.それぞれのWordPressへプラグイン検索画面から「wp-publisher」プラグインを選択肢てインストール(もしくは公式ディレクトリから取得してインストール http://wordpress.org/plugins/wp-publisher/ )

2.それぞれのWordPressでプラグイン管理画面から有効化

3.Bサーバー(公開する先)で「設定」「WP Publisher」を開きます。

wppublisher01

4.表示される画面の下の方の「この環境のトークン」の内容を控えて下さい。

wppublisher02

 

5.Aのサーバー(公開する元)でも「設定」「WP Publisher」を開きます。

6.「FTP Host」「FTP User」「FTP Pass」にBのサーバーへのFTPログイン情報を入力して下さい。(FTPは今のところパッシブモードだけの対応です)

7.上のアカウントでログインした時のリモートサーバーのwp-contentフォルダまでのパスを「リモートサーバーのwp-contentフォルダへのパス」へフルパスで入力して下さい。

8.4で控えたBサーバーのトークンを「アップロード先環境のトークン」へ入力してください。

9.「設定を保存」をクリックして下さい。

10.ここまでで公開準備は完了です。画面右側に「アップロード開始」ボタンが出てきていると思いますので、クリックするとアップロードが開始されます。

wppublisher03