WordPressのカスタム兄弟とても便利で すよね、プラグインも充実している。

  • 表(投稿タイプ)をどんどん足せるし => CustomPostTypeUI
  • 列(カスタムフィールド)も自由に足せる = > 便利なプラグインがいっぱい
  • 一覧画面も自由自在= > Admin Columns

ですが、弊社ではWordPressで顧客管理や販売管理を作ることがあるため、投稿タイプをWebDBのように利用するために、既存のプラグインでは対応しきれない要望が多数ありました。

以下、プラグインの紹介で利用したスライドです。

利用方法

簡単な使い方です。出来る事が多くまた増えていく予定なので、順次使い方の投稿もしていきたいと思います。

eyeta-biztoolという名前でプラグインを検索するか
https://wordpress.org/plugins/eyeta-biztool/
こちらのURLからプラグインを取得しインストールしてください。

インストールすると「BizTool Setting」というメニューが増えます、クリックすると

screenshot-2

このような投稿タイプを追加出来る画面が出ます。このプラグインではWebDB的に利用することを想定しているためデフォルトで投稿タイプはフロントへは非表示になっています。(次回のアップで設定画面で変更出来るようにする予定です)
現在は、フロントへ表示する場合は「eyeta_biztool/register_post_type/args」というフィルタを使ってfunctions.phpに

のように記載します。(ここでの例は投稿タイプ名が「my_posttype」です)他のregister_post_typeの引数もこの方法で帰られます。

名前を決めて、「Add Posttype」ボタンをクリックすると

screenshot-3

カスタム投稿タイプが追加され、画面は投稿タイプの設定画面に遷移します。

名称未設定

※ここで、「Posttype name」に記載されているのがカスタム投稿タイプのキーになります。

 

「Field Setting」タブで、

screenshot-5

カスタムフィールドを追加出来ます。

screenshot-6

いろいろなタイプのフィールドが用意され、今後も増える予定なので、説明ページ頑張って作っていく予定です。

screenshot-7

追加してゆくと投稿画面が上記のようになってゆきます。
タイトルや本文も消えてWebDBの用になっていますが、これらは将来設定で表示非表示を切り替えられるようにする予定です。
現在は

または

とするとCSSの非表示が表示に戻ります。

「Listview Setting」タブでは一覧画面に表示する列をカスタマイズ出来ます。

screenshot-8

screenshot-9

デフォルトでは、一覧からタイトルや作者、日時は非表示となりますが、将来はこの辺も設定出来るようにする予定です。今のところは

のようにする事で表示が復活します。一覧は複数作成でき、それらは一覧画面でセレクトボックスで切り替えできます。
また、フィルターも(まだフィルターの種類が少なすぎるのでこれからの機能ですが)同じく一覧にアコーディオンが追加されて表示されます。

screenshot-10

「Access right Setting」タブではroleに対して、一覧表示、新規追加、削除、編集の権限を設定出来ます。

screenshot-11

いろいろ設定するとこんな感じの一覧画面が作れるプラグインです。

screenshot-12

今後まだまだ機能を追加してゆきます。

有料サポートやExcelファイルから自動で定義を生成するサービスなども検討中です。

日本語での問い合わせはメールやフォームでのお問合せは受け付けておりませんので、この投稿にコメントにて記載してください。

今後ともよろしくお願いいたします。